山で遭難して生還した人が持っていった食料・装備まとめ

山岳遭難系の本を読んでいたら、生還した人達が持っていた食料、装備などが気になってたのでまとめてみました。

参考にしたのはこちらの2冊、ドキュメント単独行遭難、ドキュメント生還-山岳遭難からの救出です。著者は羽根田治さん。

2冊の中からピックアップしたのはこちらの3人。

  • 幻覚・幻聴に悩まされながら生還した斎藤さん(57歳)
  • 大怪我をしながら、アリ・ミミズ・コケを食べて14日間生き抜いた多田さん(30歳)
  • わさびマヨネーズで命をつないだことで有名な浦田さん(59歳)

それでは書いていきます。

幻覚・幻聴に悩まされながら生還した斎藤さん(57歳)の場合

ゴールデンウィーク中の5月4日の朝、斎藤さんは奥秩父の唐松尾山を登り始めました。
お昼頃に山頂に到着。しかし、下山中に道に迷ってしまいます。

救助されるまでの4日間、斎藤さんは残雪の多い道をさまよい、寒さに震えながらビバークし、幻覚や幻聴に悩まされながら、なんとか生き延びます。

途中、クマと遭遇しましたが大声をあげて撃退しました。

遭難から4日目、標高2040mの高台の上で、携帯電話の電波が入ることに斎藤さんは気づきました。
斎藤さんは妻と警察に電話をして、無事に救助されました。

斎藤さんが持っていった装備・食料

①上下のレインウェア、②携帯電話、③デジタルカメラ、④多機能リストウォッチ、⑤ナイフ、⑥懐中電灯、⑦折りたたみ傘、⑧ビニールシート、⑨ライター、⑩マッチ、⑪地図、⑫コンパス、⑬ファーストエイドキット、⑭クマよけ鈴、⑮着替え、防寒具(セーター)、⑯食料(サンドイッチ、パックのご飯、サンマの缶詰、魚肉ソーセージ、飴、味付け海苔、ポカリスウェット1.5L、ミネラルウォーター1.5L)

日帰りの予定だったので、食料はあまり持っていなかったようです。
登山初日~遭難2日目までは、サンドイッチとパックのご飯、味付け海苔を食べました。
3日目はサンマと缶詰と黒飴2、3個のみ。残ったのはソーセージ一本と飴数個だけだったそうです。

当日に来ていた服

Tシャツと長袖シャツ、下はアンダーウェアに登山用のパンツ、ストック。

奥秩父・唐松尾山の場所

アリ・ミミズ・コケを食べて14日間生き抜いた多田さん(30歳)の場合

2010年8月のお盆に、多田さんは両神山へ登山へ出かけます。お昼頃に無事に登頂。
しかし下山中に間違った道に進み、足元を滑らせ斜面を転がり落ちてしまいます。

遭難から救助までの道のりは壮絶なものでした。転落した際に左足は骨折し、骨が飛び出し、傷口にはウジ虫やハエがたかって、腐乱臭が漂うほど。

夜はライターで新聞紙や登山ガイドを燃やして焚火を作り、寒さをしのぎました。

水がなくなると、ペットボトルに尿を溜めて飲み、食料が底を尽きると、地面を歩いているアリ、ミミズ、コケをむしって食べました

6日目にはついに歩けなくなり、横たわっているだけとなります。尿は垂れ流し状態。救助されたのは、遭難から約14日後でした。

斎藤さんが持っていった装備・食料

①40リットルのザック、②上下セパレートタイプの雨具、③折り畳み傘、④ヘッドランプ、⑤ホイッスル、⑥ライター、⑦レスキューシート、⑧ナイフ、⑨食料(おにぎり2つ、ナッツ、飴玉)、水1.5リットル、⑩着替え(長袖のネルシャツ、長袖のTシャツ、入山前に着ていたTシャツ)、⑪マフラー、⑫手袋、⑬母親のガイドブック、⑭ネットで調べた情報をプリントアウトしたもの、⑮筆記用具、⑯ウォークマン、⑰デジタルカメラ、⑱新聞紙)

当日に来ていた服

頭に帽子、ポリエステルの長袖Tシャツの上に半袖のTシャツを重ね着、下は登山用の長ズボン、足回りはハイカットの登山靴。

その後斎藤さんはどうなったの?

左足切断を覚悟していましたが、手術は成功して徐々に回復。入院は3ヶ月以上かかりましたが、一年後には無事に退院、職場に完全復帰できたようです。 

秩父・両神山の場所

わさびマヨネーズで生き残ったことで有名な浦田さん(59歳)の場合

遭難したのは1999年とかなり昔ですが、わさびマヨネーズで17日間生き延びたことは、当時ニュースで取り上げられ話題になったようです。

1999年5月2日、浦田さんは妻、母親、妹夫婦とともに草津温泉へ旅行へ向かいました。

サービスエリアに寄った時に、子ども達のお土産にとわさびマヨネーズを購入。これがあとで自分の命を救うことになるとは、と浦田さんは振り返ります。

温泉旅行から大阪へ戻り、浦田さんは装備を整えて岩菅山へ一人で向かいました。

浦田さんが持っていった装備・食料

①折り畳み傘、②一眼レフカメラ、③サンダル、④雨具、⑤上下の夏用パジャマ、⑥タオル2本、⑦25000分の1地形図。⑧食料は小さめのおにぎり4つ、卵焼き、かまぼこ一本、輪切りハム1パック、納豆一つ、リンゴ1個、レモン1個、若干の生野菜(ニンジン、キュウリ、レタス)、使い残しのチューブ入りバター、アメ玉3個、わずかに使ってあったマヨネーズ1本(300g)妻が持って帰るのを忘れていたお土産のワサビ入りマヨネーズ1本。

※浦田さんの装備は、日帰りといえ不十分だと著者は指摘しています。コンパス、ストーブ、ライターあるいはマッチ、ツエルトや着替え一式が必要だと言っています。

当日に来ていた服

靴は革製の登山靴、下はニッカーボッカーにウールのニッカーホース、上は綿の長袖のアンダーウェアに長袖シャツ、さらに登山用の長袖シャツを着て、その上から防寒具のアノラックと雨具。

遭難〜わさびマヨネーズで命をつなぐ

浦田さんは午後3時頃に登頂します。同じ道を引き返すのはおもしろくないと思い、上りとは別の道を下って遭難してしまいました。

浦田さんはなんとか自力で下山しようと奮闘します。沢を泳いでわたり、寒さに震えながら木の下でビバークしました。

手を雪面に突き刺して登ってため、両手のあちこちの皮膚がやぶれて出血し、触れるだけで痛みました。

両手の凍傷はその後さらに悪化します。紫色に変色し、グローブのように大きく腫れ上がって、指はまったく使えない状態に

食料は3日目でほぼ尽きてしまい、バター少量とマヨネーズだけが頼りとなりました。

マヨネーズを食べるのは1日2、3回。雪のあるところでは雪の上にマヨネーズをかけて食べ、凍傷で手が言うことをきかなくなってからは、口で吸い出して食べたそうです。

POINT

 

浦田さんが1日にとったマヨネーズの量は約30グラム
カロリーに換算すると約200キロカロリーになり、これはお茶碗一杯分のご飯とほぼ同じカロリー量に相当します。

マヨネーズで命をつなぎながら浦田さんは岩菅山をさまよい続けます。

5月21日の朝、ヨモギで手の治療をしたあと、浦田さんは倒木の上で横になりました。

思わず寝入ってしまったところを、近くを通りかかった釣り人に声をかけられ、無事に救助されました。

志賀・岩菅山の場所

まとめ

山で遭難して生還した人達が持っていた食料、装備をまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

挙げた3人と同じ装備をすれば遭難した時でも生還できる、ということではありません。しかし遭難した時に、どの装備がどのようなタイミングで役に立ったか、持っていた食料はどの程度持ったか、もし自分がそういう目に遭うとしたら何が必要か不必要かなど、視点を様々に変えて読むと大変興味深いと思います。

登山をする人はもちろん、普段山へは全く行かないという人でも読む価値のある2冊です。気になった方は読んでみてはいかがでしょうか。

この記事で書いたものは本書のごく一部です。ぜひ手にとって、遭難者の心情・遭難時の詳細な状況を、まるで我が身のことのように思って読んで頂きたいです。

2冊とも、kindle unlimitedで読めます。
(情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は kindle unlimited サイトにてご確認ください。)

maedayuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする