【Kindle unlimited】今すぐ無料で「黒部の3冊セット」を読もう

Youtubeから飛んできてくれた人向けに書きます。

こちらの動画「黒部の山賊」に出てくる「おーい」という声について紹介しました。

「黒部の山賊」には関連書籍があり、「黒部の山賊」著者・伊藤正一さん自らが写真がを納めた写真集「源流の記憶」、「黒部の山賊」に登場した人気登場人物・鬼窪善一郎が主役の「黒部の山人」があります。

なんと、3冊ともKindle Unlimitedで読むことができるので、合わせて読むのがオススメです。昔の北アルプスの山荘暮らしや近代狩猟の話を聞くことができる貴重な本です。

個別で買うと3冊合わせて3,080円ですが、Kindle Unlimitedに登録すると月額980円(税込)で読むことができるのでお得です。

※(情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況は Kindle Unlimited サイトにてご確認ください。)

現在、Kindle Unlimitedの登録時に「30日間の無料体験」または2ヶ月間299円で利用できる「はじめてのKindle Unlimitedプラン」のどちらかを選べます。

「黒部の山人」と「源流の記憶」ってどんな本?

最初に、「黒部の山人」と写真集「源流の記憶」について簡単に紹介します。

「黒部の山人」は鬼窪善一郎が主役

鬼窪善一郎↑

黒部の山賊」に登場し、読者から人気のある山賊「鬼窪善一郎」に著者がインタビューしていくという形式です。著者は黒部の山賊の伊藤正一さんではなく、白日社編集部の方です。 

黒部の山賊を読んだだけだと、山賊達は身分もない、体力だけが取り柄のならず者のように見えますが実際はそうではありません。

鬼窪さん小学校を出ており牛乳配達や製糸奉公の経験もあり、意外にも真っ当な社会経験があることがわかります。それに妻子持ちです。

鬼窪さん鬼サというニックネームで呼ばれており、生い立ちから始まってボッカ・ガイド・遭難救助・イワナ釣り・猟師について語られます。
文章も鬼窪さんが発するそのままの言葉で掲載されており、鬼サの人柄がよく伝わりました。

まあ、オラアの学校へ行ってた時なんてものは、ここら、みんな貧乏で、貧乏って、貧乏って、それこそひでえ貧乏だった。それこそ、もう、今の者には話してもわからんわい。

ちょっとわかりにくい表現もありますが、注釈や補足説明があるので問題なく読めます。

個人的に興味深かった点は、サルの頭の漢方の作り方です。

サルの頭の黒焼き女性の血の道の薬、つまり生理の薬です。

作り方は、まずは首を切ります。毛も皮もついたままで大丈夫です。

次に、素焼きのかめに入れて蓋をします。細いワラ縄でしっかり十文字をかけてグルグルに縛るそうです。

サルの頭の入ったかめに粘土を一寸以上塗って、火をつけます。籾殻、大きなボテ(クワの葉を背負う大きな竹カゴ)に3杯分の量と書いてあります。

籾殻が全部燃えるまで、一昼夜そのままにします。

それをそのまま、灰の中にまた一昼夜置きます

それから掻き出して、かめがすっかり冷めるまで待ちます。その後、焼けた粘土をとってサルの頭を出してトタンを敷き、堅い木で潰して粉にします。

摂取方法は1日3回、大きい耳かき1杯くらいだそうです。すごいですね。いくらくらいかわかりませんが、鬼サはこのサルの頭の黒焼きを作って売っていたようです。

写真集「源流の記憶」は写真版「黒部の山賊」

「源流の記憶」は写真版「黒部の山賊」と言われています。「黒部の山賊」の著者、伊藤正一さんは写真家でもあり、この本に掲載されている写真は全て伊藤さんが撮影したものです。

「黒部の山賊」を読んだ後にこの写真集を見ればより理解が深まると思います。山賊のリーダー、富士弥さんを始め山賊達の精悍な顔つきには惚れ惚れします。

伊藤さん、山賊達の拠点となった「三俣山荘」を見ることができます。この小屋であの時の会話がされたのか、と思い出しながら見ると感慨深いです。

読者から人気の高かったのは「ギリシャ庭園」の写真です。ページをめくった瞬間、時間が止まってしまうかのような美しさです。

愛犬ジャムが山を背景にポーズをしっかり撮っている写真も人気でした。文章では伝わらないのでぜひ実際に見て欲しい写真です。

「黒部の山賊」→写真集「源流の記憶」→「黒部の山人」の順で読むことをオススメします。

次の項目から、Kindle unlimitedとは何か、メリットや料金、読みたい本の検索の仕方などを説明していきます。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)とは?

Amazonが出している読み放題サービスです。月額980円(税込)で、本・コミック・雑誌の中から好きな本を好きなだけ読むことができます。

冊数は非公開ですが200万冊以上と言われており、他の読み放題サービスを圧倒しています。

電子書籍読み放題サービス 冊数
Kindle Unlimited 200万冊以上
コミックシーモア読み放題(フル) 約8万500冊
ブックパス読み放題 プラン総合コース 3000冊以上
BOOK☆WALKER(マンガ・雑誌読み放題) 1万冊以上
BOOK☆WALKER(マンガ・雑誌読み放題) マンガ誌70誌以上、マンガ単行本1500冊以上
ブック放題 マンガ3万冊以上、雑誌350誌以上
タブホ 約4300冊

参考

対応しているデバイスはスマホ、タブレット、PCなど。スマホやタブレットにkindleアプリをインストールしておけば、たくさんの本をいつでも気軽に読書することができます。

料金について

料金は何冊読んでも月額980円(税込)です。初回限定の30日間無料キャンペーン期間限定のキャンペーンもあるので、うまく利用していきたいですね。

Kindle Unlimitedのメリット

月に3冊以上読めば元が取れる

月に最低3冊読むのが習慣だ、という人も多いと思います。何冊読んでも月額980円(税込)なので、そんな人にピッタリのサービスです。

1冊大体500円前後だとすると、2、3冊で元が取れます。

お得なキャンペーンを開催していることが多い

Kindle Unlimitedは30日間無料キャンペーンの他に、ゴールデンウィークや年末年始など期間限定でお得に読めるキャンペーンを随時やっています。

現在は、2ヶ月間299円で利用できる「はじめてのKindle Unlimitedプラン」をやっています。

キャンペーンの対象は、現在Kindle Unlimited会員ではなく、過去12ヶ月以内に30日間の無料体験、キャンペーンを利用したことのない人です。確認はこちらから→Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの残念な所

個人的に「これはイマイチだ・・・」と強く思ったのが、せっかくKindle Unlimitedを登録してるのに普通の本をオススメしてくることです。

普通の本、というのはKindle Unlimited対象外の有料の本です。

しかも、読書履歴に基づいた超面白い本をオススメしてきます。

逆に有料の本を読んでいると、Kindle Unlimited対象の超面白い本をオススメしてきます。

せっかく有料のサービスに登録しているのだから、その中から読みたいですよね。アプリにオススメされるがまま読むのではなく、「Kindle Unlimited」のカテゴリの中から選んで読むのがコツです。

その他の注意点は、ダウンロードできる本は10冊まで読み放題サービスの対象となっている本は定期的に入れ替わるので、あれ?この前までは読めたのに・・・ということもあるので確認が必要です。(読みたい本がサービス対象になっているかの調べ方は後述)

Kindle Unlimitedの登録方法

登録方法はとても簡単です。

まず、読みたい本をAmazonアプリで見つけたら「読み放題で読む」をタップします。

(こちらからでもKindle Unlimitedにアクセスできます↓)

次にAmazonアカウントにサインインします。持っていない方はここで作成しましょう。 氏名、住所、クレジットカードの情報などを入力して登録します。(1分ほどでできます)

30日間無料体験か、キャンペーンプランかどちらかを選びます。

支払い方法を選んで終了です。これで読みたい本が読めるようになりました。

読みたい本がサービス対象になっているかの調べ方

Amazonアプリを開きます。検索窓で「黒部の山賊」と入力します。

該当する書籍が見つかりました。既に¥0 Kindle Unlimitedの文字が見えますが、確認するためにタップします。

赤枠部分「¥0 Kindle Unlimited」「読み放題で読む」が表示されていればその本はサービスの対象となっています。タップして登録すれば、月額980円(税込)で読むことができます。

またはkindle本か紙の書籍で購入することが可能です。

私は登録する前にいつもこうやって読みたい本を調べています。

Kindle Unlimitedの解約・返金について

解約方法を説明します。アカウントページから手続きをしますが、手っ取り早くgoogle検索で「Kindle Unlimited 解約」と検索します。

一番最初に出てきたAmazonの公式ページをタップします。

「Kindle Unlimited会員登録をキャンセルする」をタップします。

言い方を変えてしつこく聞かれるので、「メンバーシップを終了する」をタップして解約します。
これで解約の手続きは終了です。

 

まとめ

「黒部の山賊」の関連書籍「源流の記憶」と「黒部の山人」の紹介、そして3冊お得に読むことができるKindle Unlimitedの紹介もさせて頂きました。

普通に買うと3,080円ですが、登録すると3冊合わせて980円(税込)で読むことができます。

1 週間あれば3冊とも読めるので、「おーい」の声や黒部の山の不思議に触れてみてください。

その他200万冊以上の中から好きな本を選ぶことができます。過去のベストセラー本もたくさんあるので、読書好きにはコスパ抜群のサービスだと思います。

登録や無料体験・期間限定キャンペーンはこちら

maedayuka

プロフィール詳細はこちら。https://yukamaeda.com/sonohoka/profile/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする