クラウドワークスで直接取引の話②

前回、クラウドワークスで直接取引した話をしました。

クラウドワークスで直接取引しました

直接取引をしそうになったクライアントはもう1人います。

前回と同じように、どんな流れで直接取引の話が出てきたのか、そしてどんな結末になったのかお話させて頂ければと思います。

クラウドワークスで直接取引した話②

仕事内容はこういう感じです。

  • イラストレーターを使った素材作り アニメーション制作のためのVコンテみたいなもの
  • 1本1万くらい
  • 短納期

募集文がわりと丁寧で、他にも応募者がいたので応募してみました。

それが間違った判断だとは当時気付きもしませんでした。

クラウドワークスで直接取引しましたの記事に、直接取引を促してくるクライアントの特徴という項目があります。

  • 募集実績が10件以下
  • 評価が10件以下
  • すぐにchatworkやLINEグループへ誘導
  • アイコンが設定されていない
  • 高圧的な態度、募集文章

今回のクライアントは上4つに当てはまります。

クラウドワークスで仕事を探している方は、上記の項目に当てはまるクライアントは警戒してください。

顔の見えないSkype面談

募集から1〜2週間以上経って、ほとんど忘れた頃にメッセージが届きました。skype面談です。

普通skype面談って、お互い顔を見せて・・・って思いますよね?

実際、顔を見せたのは私だけでした。

向こうの顔が見えない状態で、でもこっちの顔は見られてるのってすごい不快でした。もう二度とやりたくないです。

「それは実績のためですか?」

居心地の悪いskype面談が始まります。

今までの経歴やスキルを聞かれます。
他に仕事内容の説明や、短納期に対応できるかなども。

最後に支払いのお話です。

クライアント「直接振り込みとクラウドワークスを通しての支払いどちらがいいですか?」

クソクライアントあるある発言キターーーーーー!!!!!

どちらがいいですか?じゃないっつーの、直接振り込みなんて選択肢はありません。

私「クラウドワークスでお願いします」
クライアント「それは実績のためですか?」

お前・・・

馬鹿なの??

直接取引は禁止されています。こういうクライアントには気をつけましょう。

突然午前中にLINEが来て超短納期の仕事をぶち込まれる

初回のやり取りの後、LINEグループに案内されました。

先ほども言ったのですが、やり取り後すぐにLINEやchatworkに誘導してくるクライアントは、後々トラブルになることが多いです。

わざわざLINEグループに案内してくれたので少し期待をしたのですが、2週間音沙汰なし・・・

忘れた頃、突然午前中にLINEがかかってきました。

3日後に納品して欲しいとのことですが、素材が揃っていないので翌日に渡すという約束をしました。

しかし、次の日になっても来ないんです。受け渡しは12時でしたが21時頃になると連絡。

21時まで待機。連絡なし。

22時まで待ってみる。連絡なし。もう納品日まで間に合わない、と思ってキャンセル依頼しました。

その後クライアントからメッセージが届きました。

クライアント「どうしてか理由を聞いていいですか?」

どうしてかじゃねーよ!自分の胸に手を当てて聞いてみろ!

途中終了したので支払いは発生してませんが、すごく嫌な思いをしました。

この時仮払いしてもらえてなかったと思います。クラウドワークスでの支払いを頼んだのにありえないですね。

まぁこの点は私もしっかり確認すべきところだったので、反省しています。

仮払いを確認してから作業開始するのが鉄則です。

まとめ

今回の直接取引を促してきたクライアントはこんな感じでした。

・返信が遅い
・顔の見えないSkype面談
・直接取引を断ると「それは実績のためですか?」と平気で聞いてくる
・面接後2週間音沙汰がなかったのに突然LINE 超短納期の依頼
・素材受け渡し時間を過ぎても連絡が来ない
・LINEスタンプで返信

たまにクラウドワークスの依頼に応募しようと思う時があるんですが、こういうことがあったのでトラウマになってます・・・。

みなさんも直接取引にはお気をつけください!

それでは失礼します。

maedayuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする