今話題になってるマナブさんのフリーランス営業術の感想を月収10万のYoutube動画編集者が書いてみる

マナブさんの新しい記事について感想を書きます
仕事がないフリーランスの特徴【結論:最高級の気持ちよさが大切】

マナブさんのファン、もしくはフリーランスについて働き方・営業の仕方・スキルアップについての方法を探している方なら読んでいると思います

web制作者向けに書かれている内容ですが、YouTube動画編集の視点から書いてみたいと思います

私の簡単な自己紹介 去年バイトを追い出されてフリーランス ランサーズ・クラウドワークスでYouTube動画編集を中心に月10万程度稼いでます 30歳

マナブさんの記事の感想

ランサーズは単価が安すぎる

私の場合、最初からクライマックスでした

必要スキルは、ランサーズくらい

賛否両論あるかもですが、、ランサーズとかを眺めてみて、そこの案件をこなせるなら、月100万くらいは稼げますよ。僕はそうでした。

なお、ランサーズだと単価が安すぎるので、ここからは「どうやって単価を上げていくか」の話をします。

ずっとランサーズから抜け出せない自分はもうこの言葉だけで身にしみました そう、ランサーズってべらぼうに単価が安いんですよね

改めてマナブさんに言ってもらえて目が覚めるような思いです ランサーズは単価が安い

ランサーズを眺めてみてこなせそうなら月100万稼げる、というのはweb制作の話のようなのでちょっとわかりません。

見積書と料金表と営業プレゼンとポートフォリオとブログSNS

見積書と料金表はぜひ真似したいところです!
今までランサーズでの見積もりはこんな感じでした

クライアント:見積お願いします
私:(ランサーズのメッセージ機能にて)〇〇〇円になります

自分の中で大体の内訳はあるけど、ざっくり金額を伝えるだけでした

最近ようやく細分化できてきた私なりの動画編集 見積もりはこちら

①動画構成費
②台本制作費
③動画制作・編集費
④ナレーション手配費
⑤サムネイル費

もっと細かくできそうですね
料金表にもとても興味があったんですけどちょっと5000円は払えないので断念

ビジネスの基本はリピーター

新規顧客を得るよりも、獲得コストゼロのリピーターを増やそうという内容です

リピーターが生まれるタイミングとは

結論は「期待値を上回ったとき」です。

ふむふむ

あと気になった文章はこちら

なお、仕事をしていて、途中で価格が安いと感じたら、お客さんに「値上げさせてください」と言えば、余裕でOKされると思いますよ。
※相手が満足していたら、値上げしても問題ないです。

クラウドソーシングで単価アップの交渉すると、ほぼ100%嫌な対応されるんですよね・・・

大きく成果が出た時、単価交渉した時がありました 値上げしてくれたんですけど余裕でOKという感じではなかったですね

まとめ

マナブさんの新しい記事「仕事がないフリーランスの特徴【結論:最高級の気持ちよさが大切】」の感想を書いてみました

一番重要そうに書かれているのは「最高級の気持ちよさ」ですが、マナブさんが唱える5つの営業術「見積書と料金表と営業プレゼンとポートフォリオとブログSNS」が個人的に勉強になりました

上記5つの方法は今すぐにでも取り入れることができそうですね

フリーランスとしてマナブさんの発言はとても参考になります

Youtubeチャンネルも毎日のように見ていた時期もありました

Youtube動画編集でめっちゃ稼げるよ!という動画があったと思うんですけど、実際に動画編集して食っている身として、いやいやそれじゃ稼げねーよと正直に思ったこともあるので、それもまた書いてみたいと思います

それでは失礼します!

maedayuka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする